読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柳なつきのブログ

柳なつきのブログです。

それでも世界はうつくしい。

純粋だ、と言われることがある。 世のなかの裏を知らない、と言われることもある。 小説を書くには、もっと世のなかの裏というものを知ったほうがいいんじゃない? と言われたことも、一度や二度ではない。 私はおそらく、きれいな世界に住んでいる。私の世…

届きもしない手紙。

前略 届きもしない手紙を書くことに、いったいどれだけの意味があるのでしょう。 ……人間は、いえ、自分は、意味というものを求めすぎている気もします。 意味のないことなんてない。 そういう言いわけで、終わらせたいのですかね。 月並みですが、お元気です…

届きもしない手紙。

前略 届きもしない手紙を書くことに、いったいどれだけの意味があるのでしょう。 ……人間は、いえ、自分は、意味というものを求めすぎている気もします。 意味のないことなんてない。 そういう言いわけで、終わらせたいのですかね。 月並みですが、お元気です…

意味なんて、求めはじめたら止まらない。

日記です。 書きながら、考えました。 私にとって、書くことはもはや生きることである。 もしいま書くすべをうしなったら、私はどうしていいかわからなくなるだろうし、生きてる、と感じることがかなわなくなると思う。 生きてる、と私が感じるのはたぶんふ…

意味なんて、求めはじめたら止まらない。

日記です。 書きながら、考えました。 私にとって、書くことはもはや生きることである。 もしいま書くすべをうしなったら、私はどうしていいかわからなくなるだろうし、生きてる、と感じることがかなわなくなると思う。 生きてる、と私が感じるのはたぶんふ…

近況報告

ご心配、おかけしました。 心配していただき、ありがとうございました。 いつも変な心配のかけかたしかできずごめんなさい。もうちょっと、うまくやれたらいいとは思うのですが。 ほんとうに、ありがとうございました。 いまは元気でやっています。それなり…

近況報告

ご心配、おかけしました。 心配していただき、ありがとうございました。 いつも変な心配のかけかたしかできずごめんなさい。もうちょっと、うまくやれたらいいとは思うのですが。 ほんとうに、ありがとうございました。 いまは元気でやっています。それなり…

ひとりごと。

携帯からのひとりごと。ふつうでない、そんな環境でやってきたという自覚はある。最近は、実感もある。 気がついたらそうなっていた。なんでかはわからない。理由なんてないのだろう。きっとそういうものなのだ。 そしていまも、以前ほどじゃないにしろ、た…

個人的なこと。

個人的なことです。 そこまで暗くはない、と自分では思うのですが、でも決して軽くもないです。楽しい内容ではないです、たぶん。 ひとりごとめいています。 ご了承ください。最近、幻聴が、ぶり返しはじめている。以前ほどひどいわけでもないんだけど、たま…

個人的なこと。

個人的なことです。 そこまで暗くはない、と自分では思うのですが、でも決して軽くもないです。楽しい内容ではないです、たぶん。 ひとりごとめいています。 ご了承ください。最近、幻聴が、ぶり返しはじめている。以前ほどひどいわけでもないんだけど、たま…

ひとりごと。

携帯からのひとりごと。ふつうでない、そんな環境でやってきたという自覚はある。最近は、実感もある。 気がついたらそうなっていた。なんでかはわからない。理由なんてないのだろう。きっとそういうものなのだ。 そしていまも、以前ほどじゃないにしろ、た…

あえて言うなら、遠い思い。

ときどき、まっ白に清潔な存在になりたくなる。 埃なんて吸ったことなくて、瞳はきれいなものだけを知っていて、手は消毒液で洗ったかのように白い、そんな存在。空は永遠に青いと思っている、そんな存在。 そんなの無理だ。なぜなら私の性に合わないから。…

あえて言うなら、遠い思い。

ときどき、まっ白に清潔な存在になりたくなる。 埃なんて吸ったことなくて、瞳はきれいなものだけを知っていて、手は消毒液で洗ったかのように白い、そんな存在。空は永遠に青いと思っている、そんな存在。 そんなの無理だ。なぜなら私の性に合わないから。…

世界について、率直に。

(11月13日、ミクシィのほうにあげた文章です。) 私は世界を信頼し過ぎなんじゃないかと、ふと思ってしまうときがある。いまだに。 そういうとき、心はすっと一瞬にして冷える。鮮やかに伸びやかに、うたうように広がっていた世界の色は、一瞬にして反転す…

アンダー・ウォーター

(小説では、ないと思います。) (プラトニック・スィサイド。) 『アンダー・ウォーター』 沈んでゆく。淡く光る満月はゆらめきぼやけて、手を伸ばしても届かない。届かない? 思って、小さく自分を嘲る。届くものなんて、何ひとつなかった。何にも届かな…

アンダー・ウォーター

(小説では、ないと思います。) (プラトニック・スィサイド。) 『アンダー・ウォーター』 沈んでゆく。淡く光る満月はゆらめきぼやけて、手を伸ばしても届かない。届かない? 思って、小さく自分を嘲る。届くものなんて、何ひとつなかった。何にも届かな…