読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柳なつきのブログ

柳なつきのブログです。

空への憧憬を。(二十歳になるにあたって。)

日記

 むかしむかし、あるところに。
 調子に乗ってる、登山者がいました。
 彼女は、それでも登山者としてそれなりに優秀だったからか、それともわき目も振らず突っ走っていたからか、その歳にしてはそこそこ評価できる地点にいました。山の、そこそこ高い地点。
 でも、十九歳になったとき、調子に乗っていたから足をすべらせて――。
 丸くてぽっかりした、深い深い落とし穴に落っこちてしまったのです。

 ふしぎの国のアリスのように、落ちてゆく彼女。
 でも、辿り着いたのは、メルヘンなふしぎの国ではありませんでした。
 そこは、深海でした。
 光の届かない。
 呼吸のできない。
 なにかを言っても叫んでも、泡にしかならない。

 彼女は、もがきました。
 山に戻ろうと、いくどももがきました。
 でも、すべては無駄な努力に終わった。
 深海の水はあまりに重く暗く、彼女の身体を支配していた。

 彼女はすべてをあきらめかけ、胎児のようにくるまりました。
 こぽこぽ、こぽこぽ、とその口からなにか言葉の泡が生まれ出ます。
 地上に届け、と願いながら、彼女は言葉の泡を生みつづけます。

 届いていますか?

 ――おとぎ話は、いったん区切り。
 中途半端なところだけれど、ちょっとだけ、待ってください。
 いまから泡が、届くから。


 二十歳になりたくない。

 もうすぐ、私は二十歳だ。
 残された時間は、およそいちにち――。

 十九歳の一年間で、私がなにを楽しんだというだろう?
 答え。なにも、楽しんでいない。
 十九歳の一年間で、私がなにを成し遂げたというだろう?
 答え。なにも、成し遂げていない。
 十九歳の一年間で、私がなにを得たというだろう?
 答え。わからないけど、見当たらない――。

 十九歳って、もっと楽しい年だと思ってた。
 十八歳までが、すごく楽しかったから。
 このまま私の人生は、ずっとずっと上り坂なんだろうなって信じて疑わなかった。
 深い深い落とし穴が、あるとも知らずに。

 病気にはじまり、病気に終わった十九歳だった。
 病気っていうけど、自分でもよくわかっていない。ただ自分がちょっとおかしくなってることはわかる。その程度の認識。だからこわい。もっと把握したいのに、できない。もっと前向きになりたいのに、なれない。もっともっとやりたいのに、できない……。
 高校生のころの自分とまるで別人になってしまったみたい。
 あのころの、自信と強さがふたたび欲しい。

 私はもとに戻れないのか?


 おとぎ話に、戻ります。


 彼女は、それでも、山への夢を、いえ、その先にある空への夢をほんとうはあきらめていませんでした。
 いつか自分は飛べるのだと、心の底では信じてうたがっていませんでした。
 でも、不安になるときもあって――。
 だって、ここは闇の深海。
 喚いたって暴れたって、どうしようもないのです。
 空とも、一年近く会ってない。
 彼女はどんどん衰弱していきました。

 このままじゃいけないって、せつじつに思っていました。
 私は、飛ぶ人間なんだ。
 飛べる人間なんだ。
 かろうじて残った矜持だけが、彼女を根底で支えます。

 このままじゃ、いけない。
 私は、やらなきゃいけないひとだ。
 私は、やればできるひとだ!

 そして、いま――。
 泡はやっと、地上に届いたみたいです。

 彼女は地上を見上げ、手足を広げてみました。


 おとぎ話は、まだまだ続く。


 最近、ツイッター以外でひとに公開する文章を書いていなかった。
 それは、自信がなかったから。こわかったから。
 こうやって、公開する文章を書けただけでも、いまの私にとっては、大きな進歩だ。


 二十歳に、なるにあたって。
 こわいけど。二十歳、嫌だけど。こわいけど。
 二十歳に、なってしまうから。
 ……そろそろ、空への憧憬を取り戻そう。