読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柳なつきのブログ

柳なつきのブログです。

はたして、人間合格、とは。

本のレビュー


 人間、失格。

 あまりに有名なタイトルだから、まるで固有名詞のように思ってしまうけれど、このタイトル、噛みしめれば噛みしめるほど味がある。
 だって、人間失格ですよ?ひととして、失格。すごいことじゃ、ありません?
 じゃあいったい、彼はなんなんだ?答えは、――狂人。

 とても、とても、純粋なひとがこの世に生まれてきたとする。
 彼はこの世の汚さを見て、この世の汚さにまみれて、すこしずつ、すこしずつ、狂ってゆく。
 彼は、この世の汚さに耐えるには純粋すぎた。

 純度の高い人間ほど狂う。

 でも、じゃあ、はたして、人間合格とはなんなのか?
 社会的に経済的に自立して、毎日を謳歌して、まっとう、に生きていれば、人間合格、なのか?
 まっとうに生きるって、なんだ?

 彼は彼なりに、まっとう、に生きようとしたのではないか。
 一生懸命に。

 私は彼に、人間合格、と言ってやりたい。たとえ彼が、もう人間味をほとんどなくしていたとしても。
 そう思わせてしまうところが、彼――葉蔵の、魅力なのだけれど。

 純度の高い人間ほど、狂ってゆく世のなかなのだ。