読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柳なつきのブログ

柳なつきのブログです。

女は、強い。

本のレビュー

 世界には、さまざまな女がいる。
 そして、どんな女も、けっきょくのところ強いのだ。

 そのことを、唯川恵のエッセイはいつも教えてくれます。


 私は唯川恵の書く小説やエッセイが大好きで――いや、大好きと言うとすこしだけ違和感があります、肌に馴染む、と言うべきでしょうか――よく読みます。それこそ、むさぼるように。
 こう言ってはなんですが、どのエッセイも似たようなことが書いてあります。まあ、出版されている本の種類が多いから、ネタがかぶってしまうのは当たり前かもしれませんが。
 でも。
 それなのに、次々と手を出してしまうのです。
 それはたぶん、いろいろな方法で励ましてほしいからでしょう。唯川恵のエッセイズ(造語)は、ネタは似ていても、やはり違うし、書きかたも微妙に違う。ときには叱咤してほしい、ときには優しくしてほしい、ときには淡々と励ましてほしい。そんな気持ちを、唯川恵のエッセイズは満たしてくれるのでしょう。
 唯川恵は、ひとりの夜の友人みたいなものなのです。

 最初に、書いたことですが。
 世界には、さまざまな女がいます。
 唯川恵のエッセイには、じつにいろいろな女が登場します。結婚した女、結婚しない女、夢を求める女、自立を求める女、男に振り回される女、男を育てる女……まだまだ、いっぱい。
 それらの女たちを見ていると、ああ、女って因果だなあ、だけれども、やっぱり素敵な生きものだなあ、と思うのです。
 女たちは、どんなかたちであれ立ち向かっています。決して、敗者に成り下がろうとはしません。そう、女は、強いのです。
 女は、強い。
 読めば、わかります。おそらく、かならず。


 今回私が紹介したのはこの『明日に一歩踏み出すために』ですが、唯川恵のエッセイは、どれから読んでも入りやすいと思います。とても読みやすい文体ですし。
 女であることに満足しているかた、女であることに不満なかた、また、女のほんとうのところを知りたい男性のかた、眠れない夜にでも、気軽な気持ちで読んでみてはいかがでしょうか。