読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柳なつきのブログ

柳なつきのブログです。

バイト前日において、社会的であるということについて。

日記

 あんまり長らく更新していないと、トップページに出てくる記事たちの青臭さにやられるという、こんばんは、おひさしぶりです柳です。

 えーと、ですね。
 あしたから、バイト、をはじめることになりまして。
 知るひとぞ知る前回の大失敗(!)を踏まえて、だいぶ職種を変えたのですが、まあそれでも、働く、という一点においては変わらないわけで。
 バイトとはいえ、お金をもらうわけで。
 社会に、出るわけで。
 ……わけで。
 
 社会的であるというのは、どういうことだろう?

 と、いうところに行き着いたわけであります。

 このことを、働きはじめていないいまだからこそ、書きしるしておきたかった。


 いまのわたしは、「社会的である」とは、
「社会に影響を与え、同時に社会から影響を受けること」
 であると思います。
 影響を受ける、っていうのがわたしとしてはミソです。
 影響を与える、ってだけなら、仕事をしていれば多かれ少なかれだれでもそうなる。では、仕事をしているひとが全員社会的であるかというと、そんなことはないとわたしは思うのです。たぶん、そんな単純な話ではない。
 仕事をしていても、社会から孤立することは可能です。それは、社会から影響を受けることを拒絶することによって。
 社会に見向きもしなくたって、学校に行けるし仕事もできるし生きてもゆける。かたくなに自分の「世界」を閉じたまま、生きてゆくことは可能である。

 社会から影響を受けるには、自分の「世界」を開くことが不可欠だと思います。

 社会的であるということは、すり寄るとか媚びるとかそういうことではぜんぜんない。
 自分の「世界」をいかに開いて、外の「世界」をどれだけ見てゆくか、そういうことだと思います。


 ……ちょっと抽象的なお話になってしまいました。
 でもねえ、じっさいの問題として、社会的ってことにはお金の問題がついてまわるわけで……うーん。
 しかし、時間も迫っています。あした早起きだから!いやまあ七時起きだけれど、わたしにとっては早起きだから!
 あした以降、稼いできたらまた考えてみようと思います。
 お金の話は、はしたないって思われがちだけれど、だいじ。


 ちなみにわたしは、自称社会不適合者だよ!
 でも、社会的でありたいと思ってるよ!


 とりあえず、あしたバイト中に眠くならないことを願いつつ……寝ます。
 おやすみなさい、またあした。