読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柳なつきのブログ

柳なつきのブログです。

2014年7月4日のまとめ

 相変わらず、体調がすぐれない。午後の三時ごろに起床。
 体調がすぐれない原因について、先輩と話し合う。私は大学に行きたい大学に行きたいと繰り返しているが、それというのも学問を語れる仲間がほしいからではないかという結論に達する。よく本を読んでいるという先輩の知人をいずれ紹介してもらう約束をしたり、いまの日大通信で読書会が開けたらいいという話などをする。仲間うちで『コインロッカー・ベイビーズ』が読めたらいいという話なども。なんとなく希望が見えた気がする。
 少し仕事をして、うとうとしていたら、夜になってしまう。
 のろのろと自宅に電話して、先日日大通信に提出したリポートの結果を聞く。郵便で届いていたのだ。合格していたが、予想よりわるい成績だった。落ち込む。先輩と険悪になる。
 立ち直ることもできず、午後十一時ごろには丸まるようにして就寝する。

 読書会というのは私の夢である。

 小説でも哲学書でも神学書でもなんだっていい、仲間と本を読むというのは、さぞかし楽しいことなんだろうなと思う。

 実は高校のとき、西洋哲学の読書会に参加していた。バタイユを読んだ。しかし当時の私には内容が高度でついていけず、途中で参加をやめてしまった。
 高校の文芸部で読書会を企画しようとしたこともあるが、頓挫した。
 そのうちに、本をいっしょに読まない?と気軽に誘えるような仲間は、身近にほとんどいなくなってしまった。学生時代に比べればみな距離が遠くなり、忙しい。
 だからこそ先日私が欠席してしまった文芸サークルのオフ会で、井伏鱒二の詩が取り上げられたということはとても興味深い。

「さよならだけが人生だ」

 これだけだって、いろいろ語れるでしょう、ねえ。
 ちなみに私は、寺山修司のあの言葉も忘れることはできないと思う。
 読書会を企画してみたいと思った。ただしまずは仕事。時間的にも精神的にも余裕をつくりたい。