読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柳なつきのブログ

柳なつきのブログです。

それでも私は、たゆたった。(2014年を振り返って。)

 大晦日ですね。

 私は、身の周りに起こったことをわりと片っ端から忘れていくので、一年を振り返るという行為が困難だったりするのですが、せっかく節目の年でしたし、できる範囲で振り返ってみようと思います。

 あと、来年のこともすこし。

 

 今年は、やっぱりなんと言っても、本を出版させていただいたことが、いちばん大きなできごとでした。魔法のiらんど文庫より、『天使は、二度泣く。』という本を。

 なんだかんだで、書かねば、と思っている人間なので、じぶんの小説を世に出せたということは、これは大きな一歩だと考えていいと思っています。

 この本にかかわってくれたすべてのみなさま、読んでくださったすべてのみなさまに、あらためまして、お礼を申し上げます。ありがとうございます。

 

 本を出したおかげかどうかは知りませんが、人間関係も大きく変わった年でしたね。

 親しかったひととちょっとだけ疎遠になったり、ということも、なくはなかったのですが、それ以上に出会いと発見がたくさんある年でした。

 まあ、人間関係にかんしては、シェイクスピアじゃないですが、終わりよければすべてよし、って感じですかね……ほんとうに。いつもそばにいてくれるひとに、感謝なのですよー。それこそ、肩をばしばし叩きたいくらいに。叩いてくるか……という、はた迷惑な面ももっている柳です。

 

 そして、来年は、また本を出したいです。

 そうだよね、私の本質はやはり小説家だもの。

 こっそりと、動いてはいるのですがね……お知らせできるようになったら、お知らせさせていただきますので、そちらもなにとぞよろしくお願いいたします。

 

 あとは来年も引き続き、学んでいきたいです。私が書いている小説の本質にも、深くかかわってくることを、学んでいます。その分野には、現在ものすごく興味があり、拙い独学ながらも、すこしずつ、すこしずつ学んでいるところです。

 私は翻訳書を読むのが、すこしばかり苦手でして。でもだからこそ、来年は、翻訳書に本格的に取り組みたいと思っています。とりあえず、カール・バルトなどの神学書の読みかたがわかるかたや、あるいは神学書などに興味があるかたがいらっしゃいましたら、ご連絡いただければ、なんて思います。こんなとこで、ゆるぼ!

 

 そうですね、あとは、だいじなひとたちと、来年もいろんなところに行きたい。

 江ノ島、行こ!江ノ島!あっ大阪もかチェコもか!

 

 今年のような年に、来年もなればいい。

 そう思える程度には、いい年だったと思ってます。

 大きな海に投げ出された私は、それでも平穏に、波の上をたゆたうことができたみたい。とりあえずは、ね、たゆたっただけでも上できとしよう。

 

 さて、年が明けたらだいじなひとと初詣に行ってきます。楽しみです。

 みなさま、今年もほんとうに、お世話になりました。ありがとうございました。

 よいお年を!