読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柳なつきのブログ

柳なつきのブログです。

それでも世界はうつくしい。

思い

 純粋だ、と言われることがある。
 世のなかの裏を知らない、と言われることもある。

 小説を書くには、もっと世のなかの裏というものを知ったほうがいいんじゃない? と言われたことも、一度や二度ではない。

 私はおそらく、きれいな世界に住んでいる。私の世界の空は青く、星はきらめいているのだ。
 社会というものが、よくわかっていない。
 私はまるで十四歳みたいだ。

 それでいい、と思う。

 私に才能というものがあるとしたら、その一点に尽きると思うのだ。
 世界をきれいだと思える才能。
 それはあるいは、思い込み、かもしれないけれど、でも、それでも。
 世界は、きれいだ。

 そこまで甘っちょろい人生を送ってきた気はない。
 汚いことだって、それなりにふれてきた。
 それでも、やっぱり。

 世界は、うつくしい。

 そう言い切れることを、私は幸福に思う。

 だって、だからこそ私は、小説というものが書けるのだから。