読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柳なつきのブログ

柳なつきのブログです。

いざインターネットカラオケマン(某所にて)

 いざインターネットカラオケマン(某所にて、2016年08月01日)

 

まったく需要はないであろうことを承知で言う。このあいだ勢いにまかせてうたった飛行少女、けっきょく諦めて最後にうたったやつを上げているのだけれど、おとなしめだけれどもうちょっとバランスいいやつと、なんかがんばって感情をこめてみたやつがあるので、あしたの朝に時間があったら上げます。

飛行少女はね、理論っぽくうたうか電波っぽくうたうかで揺れるね。第三の選択肢として、ガチでうたうっていうのもあるのだけれど、私は声質的にあんまりそちらは決まらないので、たぶんよっぽど行き詰まらないとそのうたいかたはしない。あとやっぱりひとに聴かせる歌は感情にまかせちゃいけないね。

ちなみにこのあいだ上げたやつは電波方面に振りきれてます。いちばん得意なんだけれどいちばん難しくて、奥が深いよ、電波声は。

いやー、歌って繊細だね!感情ひとつでまったく変わってくる!私はただのインターネットカラオケマンなのにね!一流のひとの苦労はいかほどか!

 

ああ、思い出したな。諦めたとはいえどうしてこのバージョンを選んだかって、「えーっびし!わんっつすりー!いーろっはにほーへっと!」ってとこだけは、それまでのバージョンに比べてうまくうたえたからだ。ものすごく声つくってるけれどね。ときどきうっかり忘れるところがまだまだ甘いけれどね。

しかしいつのまにかカラオケ行きたいbotからインターネットカラオケマンに変化していたのである。ふしぎだ。

ちなみにこれもおそらく需要がないことを承知で言うんだけれど、飛行少女の完成を目指しつつ、次は『ネコミミアーカイブ』を録るつもりです。次は『裏表ラバーズ』かな。ただ、母親がなんかしばらく休みなんで、録音は早くても今週末以降になるだろうけれど。

インターネットカラオケマン楽しいよ……カラオケも大好きだけれど、なんか、いまはこっちのほうが嵌まりそう。カラオケはうたったそばから流れて消えていくけれど、録音すると、その水をすくって保存することができるから。いやー楽しい。

究極の自己満足の世界だよね。でもいちおうふつうに友だちどうしでカラオケに行って、あー、まあ聴くのがつらいってほどではないなーというラインを最低限のクオリティと定めているので、そこは安心してお聴きくだされば、と……。

 

今晩の飲みでパスピエの『チャイナタウン』の話題も出たけれど、これもいつかうたってみたいね。ただ音源をどこからもってくるんだって問題と、音源が公式に配布されていない曲をインターネットカラオケしていいのか、っていう問題はあるんだけれどね。駄目だったらふつうにカラオケで。

『チャイナタウン』は声の高さ的にもちょうどいい。地声でまあわりと楽に出る高さ。やっぱり生身の人間がうたった曲は、簡単とはいわないけれど、とりあえずうたいやすいね。ボカロとかうたいまくってると音程の高さとかいう概念がゲシュタルト崩壊するからね。どれもこれも高すぎて。

 

いまのコメント:

インターネットカラオケにハマりはじめた時期です。もう何年も言ってておそるおそるはじめたけれど、楽しかったなあ。