読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柳なつきのブログ

柳なつきのブログです。

〜女子高生・柳なつきのついのべ集〜

原液

〜女子高生・柳なつきのついのべ集〜

「時々、自分が何にもできないんじゃないか、どこにも行けないんじゃないかって考えることあるよ。」「どうして?」「どうしてだろうね。よくわからない。」(2010年09月08日)

あたしはいつだって、すべての期待に応えてきた。いやむしろ、期待以上の結果をうち出してきた。赤丸はさざめきあい、花丸はあたしに微笑む。それはあたしの、すべてだ。あたしの価値。あたしの存在意義。だからここで、つまずくわけにはいかないんだ。百点を。百点を、ください。(2010年09月16日)

終わりません終わりません、生きることが終わりません。十五年、あんがいけっこう長かったよ。延々延々生きてきた。笑って泣いて怒って、でもそれはあくまでも表面の話。じっさいのところ、あたしはしらけている。生きることに、しらけている。(2010年09月19日)

甘くなんかないし、ましてや幸福なんかじゃないよ愛は。もっともっと果てしなく、どうしようもないものだ。ひたひた身体を浸してゆく、そしたらもう抗えない。じっとしずかに感じるしかない、愛が体のなかを巡るのを。(2010年09月25日)

愛に、酔いたくない。そんな時間があるならば、怒りをかなしみをせつなさを、理不尽だ!って突きつけてやる。私のすべてを突きつけてやる。愛を延々語ってたきみが、すうっと醒めてしまうくらいに。わかるかなぁ、これが私の愛なんだよ! (2010年09月25日)

自己矛盾を孕んでたって生きるしわがままだろうが勝手だろうが自己中だろうが、生きるし、生きたいし、何てことないよって顔しながらふてぶてしく生きたいのに、できない。気にしてしまうよ、唇のおくの悪意絡みつく視線ひそやかな排他。どうしろっていうの、なすすべがない。(2010年09月26日)

私になにかを期待しないで。自分のことで手一杯、私は自己中な人なんです。期待したって無駄なんだよ。期待しないで。期待されると、くるしいの。でも。でも、私は期待したいんだ、だれかに、いや、あなたに。どうにもできない。どうしようもない。立ち尽くすしか、なすすべがない。(2010年10月05日)

世界に対して、知らんぷりを決め込んでも、音は響くし光は注ぐし。耳をふさいで目をつぶっても、今度は心の鼓動が聞こえる、原色の斑点が見える。安楽の地なんて、どこにもないって、これで証明されたじゃあないですか、ねえ。(2010年11月15日)


【女子大生・柳なつきの感想】
やはりそうとう厄介な女子高生である。